中煎り

中煎りのコーヒーは、酸味・苦味が抑え目のため、飲みやすい焙煎です。また、酸味とコクのバランスが丁度いいのが特徴的です。焙煎時間を少し長くした中深煎りぐらいだと、ナッツ系の香ばしさがあり、苦味・コクが増して味に深みが出ます。後味は、チョコのようなほんのりとした甘さを感じます。ミルクをいれてカフェオレなどにも用いられやすいです。

また、コーヒーの甘味は「フラノン類」という甘み成分が、中煎り辺りでピークを迎えます。そういった理由から、中煎りでは甘味や華やかな香りを感じやすいのです。バランスの良い中煎りコーヒーは逆に味わいに刺激が少ないという部分があるため、朝や夜に飲む事でリラックスできると思います。