コロンビア エルパライソ農園 アナエロビック ローズティー(BANEMO限定商品)

  • ¥1,750
    単価 あたり 
税込

商品1つ当りの重さ:0.15kg


コロンビア エルパライソ農園 アナエロビック ローズティー(BANEMO限定商品)
フローラルな香りとクリアな口当たり、程よい酸味とほのかに渋味を感じる味わいはコーヒーを超えてローズティーを連想させます。
リラックスタイムの一杯や食後の落ち着いたひと時の演出に一役買ってくれる事でしょう。
アナエロビックとは正式にはアナエロビックファーメンテーション。コーヒーを密閉容器に詰めて空気に触れさせずに発酵を促す、近年コーヒー業界では注目されている精製方法です。日本語では嫌気性発酵と言われます。
酸素を必要としない微生物の活性化を促し、通常の発酵時とは異なるコーヒーの新たな風味を作り出すことが主眼となります。
エルパライソ農園の農園主ディエゴ・サムエル・ベルムーデス氏はコロンビアのアナエロビック第一人者として知られ、独自の嫌気性発酵、乾燥の技術を用いて様々なフレーバーを生み出しています。
 
今ロット『ローズティー』はチェリーの状態で36時間、19度の温度下で嫌気性発酵を促し、脱果肉後に今度は40時間、19度の温度下で再度嫌気性発酵を行うダブルアナエロビックファーメンテーションを採用。
水洗工程では、初めに40度のお湯で洗い、その後12度の水で再度洗浄します。
乾燥の際も、温度35度、湿度25度の環境で34時間乾燥させ、水分値を11%に一定化。安定的に狙いの味わいを作り出すことに成功しています。
 
香りが華やかでさらりとクセの無い印象で、これを活かすべく中煎りやや浅めの仕上げあえてコクを全面に出さないように仕上げました。
スッキリ爽やかな香りと口当たりは、まさしくローズティーを飲んでいるかの印象。
 
少し甘味を加えて味わうとピーチティーのような趣きでも楽しめます。
華やぐ香りと清涼感ある味わい。通常のコーヒーとは趣の異なる癒しのアロマをお楽しみ下さい。
 
 
【豆の詳細】
【生産国】コロンビア
【地域】カウカ県ピエンダモ地区
【農園】エルパライソ農園
【規格】EX(エクセルソ)
【品種】カスティージョ
【標高】1,700m以上
【精製法】ダブルアナエロビックファーメンテーション(アフリカンベット、天日乾燥)
【焙煎度】ハイロースト