オレンジ・コンドル ハニー

オレンジ・コンドル ハニー

  • ¥670
    単価 あたり 
税込

商品1つ当りの重さ:0.1kg


[地勢・気候] ペルーの国土は沿岸部のコスタ(国土の約12%)、高地のシエラ(国土の約28%)、アマゾン川流域のセルバ(国土の約60%)の三つに分けられ、標高差は海抜0メートルから6786メートルまである。気候は基本的には熱帯であるものの、標高の差や南北の差により各地域で大きな違いがある。

[生産状況] かつてコーヒー農園のほとんどが大規模農園であったが、1968年のペルー革命以降は細かく分割されてしまい、現在は小規模農家が全体の90%になっている。アラビカコーヒーはおよそ20万戸の小規模農家が栽培している。いずれも平均的な農園サイズは5エーカーほど。ほとんどの小規模農家は協同組合に加入している。栽培品種は、ティピカ、ブルボン、カツーラ、パチェがある。収穫は4月から9月にかけて行なわれる。

[主要生産地] 主要生産地は、チャンチャマイヨ、フニン、クスコ、パスコ、ピウラ。コーヒーはアンデス山脈の東斜面全体で栽培されているが、主要産地は3か所あり、数量・品質ともに優れているのが全体の30%を占める東斜面中央のチャンチャマイヨ、山脈北部が21%、クスコ地区が18%である。ペルーのコーヒーの70%はティピカ、20%がカツーラ、残りの10%がパチェ、ブルボン、カチモールなどである。生産量の約75%は標高1000-1800メートルで収穫される。ほとんどがシェードツリーのもとで栽培されている。収穫は全て丁寧に手摘みし、天日干しされるため、スペシャルティーコーヒー市場向けのポテンシャルは高い。2010年のSCAAにおいて、コーヒー・オブ・ザ・イヤー2010のひとつに選ばれた。

[品質・格付] グレードはスクリーンサイズでなく、欠点豆の除去方法で格付けされる。MC(機械選別1回)、MCM(機械選別2回)、ES(MCM+電子選別)、ESHP(ES+ハンドピック)がある

商品規格
生産国 ペルー
地域 カハマルカ県チリノス
生産者 ドミンゴ・オカーニャ
スクリーン スクリーン15アップ
木の品種 ムンドノーボ、カツアイ
その他 標高1850-1900メートル、降水量800-1000ミリ、サンドライ、バナナ・アボガドによるシェード
精製方法 ハニー
備考
香り ☆☆☆
酸味 ☆☆☆
甘み ☆☆☆☆
苦み ☆☆☆
後口 ☆☆☆☆